爪の真菌症は改善できます

爪白癬(爪水虫)や爪カンジダ症など爪の真菌症は、以前は「治らないもの」と医師も患者もあきらめがちでした。

しかし、経口抗真菌剤イトラコナゾールは治療効果が速くあらわれるため、患者が目で見て確認できるようになり、それが励みとなってコンプライアンスが向上しました。当科ではイトラコナゾール治療中の脱落はほとんどなく、患者に喜ばれています。

爪白癬(爪水虫)はイトラコナゾール6ヶ月間の内服で、ほぼ治癒します。イトラコナゾールは爪甲に貯留して投与終了後も効果が持続するため、6ヶ月間の治療で少し病変が残っていても、3ヵ月後にはきれいになります。

爪甲剥離を生じている場合は、爪白癬(爪水虫)にカンジダ症を合併している例も少なくありません。白癬(爪水虫)だけでなくカンジダにも優れた効果をもち、重篤な副作用のないイトラコナゾールは、爪真菌症(爪水虫)治療のファースト・チョイスと考えています。

治療例

  • 32歳女性、罹病期間6年
  • 原因菌:Trichophyton rubrum
  • イトラコナゾール100mg⁄日を203日間投与

イトラコナゾールによる爪白癬の治療例

  • 40歳女性
  • 原因菌:Trichophyton rubrum

ふじもと医院

皮膚科、泌尿器科、内科、アレルギー科

〒520-3035
滋賀県栗東市霊仙寺1-2-19
エスポ栗東2階
TEL : 077-554-2528
ふじもと医院周辺地図

診療時間

午前
午後
  • 午前 9:00〜11:45
  • 午後 5:00〜7:30
  • 休診日 : 日曜日・祝祭日

詳しくは医院概要でご確認ください。

外待合室のご紹介

ふじもと医院では外待合室をご準備させていただいております。 開放的でゆったりとした空間にしましたので、待ち時間に少しご寛ぎいただけると思います。

プレイスペースも設置しておりますので、小さなお子様とご一緒される場合も安心してご来院ください。

各画像をクリックすると拡大表示されます。

外待合室写真1 外待合室写真2 外待合室写真3